妊娠線を消すクリーム、安全性はココをチェック!

妊娠線を消すクリームは、安全性がとっても重要。

全国のママに「妊娠線クリーム・オイルを購入するとき、最も重視したことは?」と聞いたところ、「安全性」が2位にランクイン。

(※1位は「口コミ」。参照元「赤ちゃんの部屋」)

妊娠線を消すクリームを選ぶとき、「安全性」のチェックは欠かせません。

ではどんなコスメなら、安全なのでしょうか。

妊娠線ケアクリーム、「安全性のチェックポイント」を解説します。

■まずは「妊娠線専用クリーム」をチョイス!

「妊娠線を消すクリーム、価格が高いのよね・・・。普通のボディクリームでいいや」と思っていませんか?

安全性を考えるなら、普通のボディクリームはNG。

赤ちゃんや妊婦さんに影響のある成分が、配合されてる可能性があります。

たとえば防腐剤パラベンは、胎児の成長に影響があると言われています。

また美容効果が高いトレチノインやハイドロキノンも、赤ちゃんに影響を及ぼすおそれが・・・。

妊娠線を消すクリームは、たいていパラベンやトレチノイン、ハイドロキノン等は不使用。

赤ちゃんにもママにも安全な妊娠線ケアをするのなら、必ず「ストレッチマーク専用」のコスメを使いましょう。

■オーガニックでも要注意!精油成分が危ない場合も。

「愛用しているボディオイル、オーガニックだからそのまま使ってもいいわよね」

いえいえ、オーガニックだからといって油断するのは厳禁。

精油のなかには、子宮を収縮させ、流産の危険を高めるオイルもあります。

妊娠線を消す専用のクリームも、精油が配合されているものが多いですが、安全なもののみ厳選配合。

現在使ってるクリーム・オイルがオーガニックだからといって、そのまま使うのは危険。

ぜひ妊娠線ケア専用のコスメを使いましょう。

■添加物は1品1品細かくチェック!

妊娠線を消すクリームは、添加物が非常に少ないです。

でも商品別に見てみると、無添加の度合いもさまざま。

先輩ママは、無添加レベルもくまなくチェック。

超敏感肌のママは「完全無添加」のクリームを選ぶなど、自分に合ったコスメでケアをしています。

あなたも妊娠線を消すクリームを選ぶときは、無添加レベルを厳しくチェック!

自分の肌・体に安全なコスメを選びましょう。

なお「無添加度が高いクリーム」は、保存期間が短いもの。

「とにかく安全なクリームでケアしたい。だから完全無添加にしたわ!」というママは、保存方法・期間に注意しましょう。

■生産している工場も要チェック!

妊娠線を消すクリームは、生産工場も要チェック。

公式サイトなどで、「どんな工場で作られてるか」も調べましょう。

たとえばGMP認定工場なら、安全性はお墨付き。

GMPとは、厚労省が定めた品質管理基準。

原料の入庫から製品の出荷まで「安全に作られ、一定の品質が保たれるよう定められた規則とシステム」のことです。

(※一般社団法人 日本健康食品規格協会HPより。)

妊娠線を消すクリームは、GMP認定工場で作られたものがベスト。

配合成分だけでなく、製造場所・製造工程も安全だと、安心してケアができますよ。

妊娠線を消すクリームは、安全性がとっても大事。

赤ちゃんとママの体を守るためにも、この記事を参考にして、安全なコスメでケアしてくださいね。

妊娠線 消す クリーム